尾道の雑貨のお土産は何がいい? これは外せない4点を選びました♪

お土産を見つけることは観光の楽しみの一つですよね♪

しかし実際いろいろ見ているうちに何が良いのか、わからなくなってくることってありませんか?

そこで今回は尾道在住の私が、尾道の雑貨のお土産で何が良いかセレクトしました!

沢山良い物がある中から、こだわって調べたので一見の価値はあるかな、と思います。

是非参考にして下さいね(^^)/

スポンサーリンク

「尾道帆布」お土産ならこれ!

尾道はかつて北前船の寄港地だった関係から、帆布が盛んに織られていました。主に戦前・戦中はその生産もかなり多く、尾道市内だけでも帆布工場が10社ほどありました。

ところが戦後になると安くて軽い合成繊維に市場を奪われ、すっかり衰退してしまいました。

その後、工場は市内に一軒のみとなっていましたが、復活させたい思いから今の尾道帆布誕生に至っています。

引用元 https://www.imgrumweb.com/hashtag/  こんなものもあるんですね!

商店街のほぼ中央にある尾道郵便局近くに2件、帆布専門の店舗があります。歩いても1,2分ほどです。

どちらの店舗も、それぞれ趣向を凝らした品がありどれも味わいのある製品なので、好みの物を探すにはいい場所だと思います。

ちなみに帆布とは、帆船の帆(ほ)に使用されている丈夫な布です。英語ではキャンパスといい、油絵のキャンパスにも使われます。

他に身近に使用されているもので言えば、跳び箱・体育のマット・野球のベース・すもうのまわし・ドラマ「金八先生」で生徒が持っていた肩掛けの通学かばん(例えが古過ぎましたか…(笑))・コンバースのシューズ等々と言った所でしょうか。

尾道の帆布は綿で織られていてとても丈夫なので、バッグなどは重い物を入れても大丈夫ですよ。

他の特徴としては、濡れても水が浸透しにくいことも挙げられます。これは濡れる事によって目がつまり、水を通しにくくなるからです。

通気性が良いのに雨でも中身が濡れないので、優れものですよね!!

工房尾道帆布

工房尾道帆布には北前船の絵のタグが付いています。

市内の島や向島のオリジナル帆布を使用し作られているバッグや小物などの雑貨がたくさん並んでいます。こちらではスタッフの方が帆布雑貨を製作しているところを見学することもできます。

予約制ですが、帆布生地でコースターを作れるワークショップなども開催されています。

ただし平日のみの開催ですので、お子さん連れの方の場合は学校の長期休暇中の平日がねらい目ですかね!

雑貨のお土産として人気なのはペンケースやミニポーチなどの小物があります。

尾道帆布鞄「彩工房」

尾道帆布鞄「彩工房」は、猫のシルエットのタグが付いています。

鞄を中心に、オーダーメイド製品を扱っています。「ランザック」というランドセルがあり、限定100個で受注製作するそうです。

地元ながら、私がこのことを知ったのは1年程前…(^_^;)

うちの子が小学校入学前に知っていたら、購入していたかも~~。

2019年度の予約は2018年7月1日からだそうですので、興味のある方は是非観光かねて手にされてみるのもいいかもですね♪

他にも、ブックカバーや携帯ポーチなどお店には雑貨もたくさん並んでいますよ!

スポンサーリンク

尾道の「桜の香り」シリーズ

桜の名所100選に選ばれた尾道の「千光寺公園」の香りをイメージした「尾道さくらの香り」シリーズがあります。

こちらは尾道の限定(ご当地)商品で、希少価値もありますね。

  • 潤いミスト
  • オールドパルファム
  • ハンドクリーム
  • リップクリーム
  • あぶらとり紙
  • かおり巾着

どの商品も柔らかながらしっかりとした和風の香りで、外国の方にも喜ばれることと思います。

ボトルやパッケージもピンクの桜のイメージで統一されていて、キュートですよ♪

それから香りとは関係ないですが、「桜箸置き」もあります。

これらは尾道観光協会が製造元になっています。

「猫」の雑貨物

尾道は猫が多い町としても知られています。「猫の細道」や「招き猫美術館」というスポットもあります。

引用元 https://www.my-fav.jp/spot/77982/  招き猫美術館

近頃の猫ブームを反映して、猫が目当てで尾道を訪れる観光客も多いようですね。

そんな尾道には猫をモチーフにした雑貨がたくさん販売されています。

猫柄の手ぬぐいや文具、食器や箸置きなど、お手頃の雑貨もあり猫好きの人のお土産にはたまらないですね!

他にも、猫のラベルの付いたお酒や紅茶、猫の形の和菓子やクッキー、陶芸でオリジナルの猫グッズ作り等々、道端だけでなくあらゆる所で楽しい猫たちに出会えちゃいますよ♪

「尾道デニム」

ここ尾道デニムに並んでいるデニムは全て尾道で働いている人達が一年間履いた物で、自然な風合いが売りのUSEDデニムとなっています。

尾道デニムプロジェクトによって、尾道デニムを週に一回履き手から回収し洗いに出すという作業を一年間続け、ヴィンテージの風合いに仕上げていきます。

販売のタグには履いていた人の職業が記されていて、自然についた汚れや傷などどれも一点ものとしての価値が付けられているんですよ!!

お気に入りのヴィンテージデニムを購入するのもよし! 尾道市民でなくともデニムプロジェクトに参加するのもよし!

違った意味での尾道のお土産になりそうですね(^^)/

まとめ

尾道の雑貨のお土産について、地元の私でも欲しい一品だったり、私ならこれを友達のお土産にしたいな~と思う物を選びました。

  • 「尾道帆布」
    • 自分へのお土産としても最適だと思います
  • 尾道の「桜の香り」シリーズ
    • 資生堂さんとのコラボ商品です
  • 「猫」の雑貨物
    • 探してみると本当にたくさんの猫グッズがあるんだな~♪
  • 「尾道デニム」
    • 価格はデニムの風合いの度合いによって変わります
    • 海外の一流ファッションブランドからも注目されているようです

あらためて見てみると、オリジナルにこだわったものばかりを集めた形になりましたね(笑)。

実は私、人とちごうた(違った)物が好きなんよ~~(^^)

人をアッと言わせるのが楽しいというか、要はへんこつ(変わり者)なんじゃろうね~。

それはともかく、是非オリジナルの一品を見つけて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする