これがお店の広島風お好み焼きに負けないレシピ!! 簡単にできる我が家特製の焼き方をご紹介します。

ふとした時になぜか無性に食べたくなるお好み焼き!!

広島のお好み焼きには麺が入っているのでボリューミー♪ 具材もその日の気分によっていろいろアレンジもできますよ!

お店で食べるのもいいですが、お家で簡単に作れる我が家特製、てっぱんならぬホットプレートでの焼き方をご紹介しますね(^^)/

スポンサーリンク

我が家の定番のレシピをご紹介します♪

材料(一人分)

  • 薄力粉 50g
  • 水 100cc弱
  • カツオ粉 小さじ1
  • キャベツの千切り 150g程度
  • もやし 50g程度
  • 豚バラ肉 50g程度(好きなだけ♪)
  • 焼きそば用ゆでそば 1玉
  • 卵 1個
  • イカ天もしくは揚げ玉 適量
  • かまぼこ薄切り 数枚
  • お好みソース、鰹節、青のり、マヨネーズ、塩、コショウ、油

お店で言う、豚玉ソバですね(^^)

1つ気を付けることは小麦粉と水のバランスですが、ねっとりしすぎずさらっとしすぎず、クレープ位の感覚で調整してみて下さい。

お好み焼きの焼き方(作り方)

私のこだわりの一品! この焼き方だと、ホットプレートでも失敗なく作れると思います!!

  1. 生地を作る
    1. 小麦粉と水、塩一つまみ、カツオ粉をボールに入れてダマがなくなるように混ぜる
    2. 冷蔵庫に入れ寝かせておく
  2.  ソバをほぐし余分な油を落とす
    1. ゆでそばはザルに開けて熱湯をかけておく
  3. ソバを炒める
    1. ホットプレートを中火~強火にして薄く油をひき、途中軽く塩コショウする
    2. ある程度水分が飛んだらお好みソースを大さじ2~3程かけて炒める
    3. これも少し水分が飛んだら(カリカリの部分があってもおいしい♪)皿に取っておく。
  4. ホットプレートの汚れを拭き取る
    1. 一旦電源を切り、ホットプレートに水を垂らしてキッチンペーパーで汚れを拭き取る
    2. 中火~弱火の火加減で薄く油をひく
  5. 生地を焼く
    1. 冷蔵庫から生地を取り出す
    2. 2/3の量を丸くなるように(直径にして20㎝強位)ホットプレートにお玉で流し入れる(クレープを焼くイメージ)
  6. 生地の上に具材を乗せていく
    1. キャベツの千切り、イカ天、もやし(もやしの真中を卵が入るくらいの窪みを作っておく)、卵、かまぼこ、炒めたソバ、豚肉を順に乗せていく
  7. 残った生地を上からまんべんにかける
  8. ヘラ2本を使って一気に裏返す
  9. 形を整える
    1. 多少は飛び散るので、ヘラで生地の周りに集めて形を整え一緒に焼く
    2. お好み焼きの生地の上からヘラでギュウギュウ押さえると、最後にかけた生地が糊の役割を果たして全体がまとまるようになります♪
  10. 中まで火を通す
    1. 生地をへらで押さえつつ、(野菜の水分を逃がすように)火加減を調節しながら焼く
  11. 再度ひっくり返す
    1. 下の部分になっているお肉が焼けたらもう一度ひっくり返す
    2. お好みソースを全体に塗り、マヨネーズ、鰹節、青のりをお好みの量トッピングする

お好み焼きをひっくり返す時は、躊躇してると崩れ易いので気を付けて下さいね(^^)/ これは慣れるしかありませんので~~

スポンサーリンク

変わりタネもご紹介♪

豚肉、イカ天、かまぼこの代わりにスライスもち、エビ、イカ、牡蠣、タコ、チーズ、納豆、キムチ、紅ショウガ、ネギ(トッピング)…書き出すと果てしなく広がる食材ですが、その日の気分であれこれ組み合わせたりしてもいけますよ!

具材は野菜とソバの間に入れてやれば、ひっくり返す時に飛び散らなくて済むと思いますよ。豚肉はよく焼くためとソバに張り付いてくれるので最後でいいんですけどね(笑)

ちなみに尾道風お好み焼き(尾道焼き)には、砂ズリ(砂肝)とイカ天(揚げイカ)、豚肉が入ります。NHKの朝ドラ「てっぱん」で紹介され有名になりましたが…実を言うと、それまで地元住民でありながら尾道焼きの存在を知りませんでした(汗) しかも内臓系は私の苦手な食材でして…(T_T)

チャレンジできる時があれば、また感想等書き込んでいきますね!

まとめ

これがお店顔負け!我が家特製の広島風お好み焼きの焼き方!!

  •  我が家の定番のレシピをご紹介♪
    • 私は学生時代からもっぱら肉玉ソバ入り~ボリュームを増したい時はスライスもちを入れちゃいます♪
  • お好み焼きの焼き方
    • お店では鉄板で炒めたソバの上に野菜と肉で焼いたものを乗せ、さらに別の場所で卵を割った上に今のお好み焼きを乗せていく~という工程ですが、ホットプレートだと狭くて上手く積み重ねていけないので、上記の方法を編出しました(^○^)
  • 変わりタネもご紹介♪
    • 実は私が小さい頃は、お好み焼きの麺は「ソバ」ではなく「うどん」でした。しかし高校生になって友達とお店に行った時に、初めて「ソバ」の存在を知り驚いたものです。
    • どうやら母は瀬戸内の島の出身で、島では「うどん」が主流らしくその影響でした。
    • 夫はソバ派ということもあり、家ではソバ入りお好み焼きです。

いかがでしたか? 是非おうちお好み焼きにチャレンジして、自分のお好みの具でお好み焼きをご賞味下さいね(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする