新しい尾道駅はいつ開業? 外観や構内、記念入場券の発売期間や価格はどうなってる?

2017年まで使用していた山陽本線JR尾道駅の駅舎は1891年に開業してから、当時建築されたものを大きくは1927年・1952年に改修したもので、築125年が経過していました。この度新しい尾道駅に建て替えるために、2017年5月から仮設駅舎で営業をしています。

引用元 https://www.google.com/ 壊す前のJR尾道駅

そして、いよいよ新しい尾道駅舎が完成間近!! いつ開業するのかと言いますと~~

2019年3月10日(日曜日)に供用開始することになりました!

スポンサーリンク

新しい尾道駅舎は、初代尾道駅舎(明治24年当時)の趣を感じさせるデザインとなっていて、「まちの風情」とマッチするような素敵な駅となっているようです。

新しい駅は鉄骨造2階建て、延床面積約2,150㎡。世界有数のサイクリングコースとして知られるしまなみ海道の本州側の出発地であることから、サイクリスト向け店舗や駅直結の宿泊施設などを駅舎内に配置します。

尾道水道を一望できる眺望デッキや尾道らしさあふれる店舗も新たに出店し、地域の方々や観光で訪れる方、サイクリストなどが行き交う場所として新たな賑わいをもたらすことでしょう。

実は私、夫の転勤で1993年には一旦尾道を離れ、再び尾道の住人になったのは2008年。久しぶりに駅前に訪れた時には、JR尾道駅舎以外はガラッと様子が変わっていたのには衝撃を受けました(*_*)

それと言うのも、尾道は1999年に大規模な駅前再開発が行われ、尾道港ポートターミナル、テアトロシェルネ(イベントホール)、百貨店の尾道福屋、ベルポールなどの大きな建物が建ち、海沿いに立ち並んでいたぼろっちい(当時の住民の方ごめんなさい(^_^;))小屋のようなものはなくなり綺麗に整備されていたからです。

引用元 http://onomichi.take9.net/ 駅前のボードウォークを東側に過ぎた所はこんなでした

現在はこんな感じになっています

その懐かしの駅舎もなくなってしまうのは寂しく感じましたが、更なる尾道の発展のため、また新たな玄関口として多くの方が快適に過ごせるための起爆剤になることでしょう~♪

それでは、新しいJR尾道駅舎の外観はどんなものでしょうか?

引用元 https://www.westjr.co.jp

旧駅舎と感じが似ていますね~!

構内はこんな配置になっています。

引用元 https://tabetainjya.com

店舗やホステルなど7つのテナント(尾道駅舎が入る予定になっています。しかも3月10日から宿泊できるホステル「エムスリーホステル」の予約も開始されています。まだ空きがある様ですので、要チェックですよ!!

尾道駅の開業がお花見の時期と近いので、たくさんの方が利用されるようになると思われます。

オープンが待ち遠しいですね~(^^)/

スポンサーリンク

そして!!

尾道駅の開業を記念して「尾道駅新駅舎開業記念入場券」が発売されることになりました。

  • 発売期間
    • 2019年3月10日(日曜日)午前9時から2019年6月30日(日曜日)まで
    • 3月11日(月曜日)以降は尾道駅構内の「みどりの窓口」営業時間に準ずる
  • 発売価格 1セット700円(実際に入場券として使用できる)
    • <セット内容> 尾道駅の入場券5枚セット(B型硬券1枚+D型硬券4枚)+台紙
  • 利用期間
    • 2019年3月10日(日曜日)から6月30日(日曜日)まで
  • 発行数  合計1,000セット発行
  • 売り切れ次第発売終了
  • 郵送不可

1,000セットなんてあっという間に売れてしまうのではないでしょうか!?

D型硬券の券面には歴代の尾道駅舎がデザインされるるのだそうですよ♪

尾道ファンにはたまらない限定ものかもしれませんね(^^)

是非この記念すべき時に、尾道に足を運んでみられてはどうでしょうか?

ちなみに…

私はその新しい尾道駅の開業当日は、次女の中学校の卒業式なので、オープンセレモニーには行けそうにありません~~(T_T)

ですので、その後の様子などどんな感じか報告ができたらと思っていま~す。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする