体温が低いのは病気の引き金!?普段の生活の落とし穴~7つの方法で改善‼

ここ近年、老若男女問わず36℃以下の体温が低い人が増え、様々な病気に対しての抵抗力が落ちているようです。どうしてこのようなことが起こっているのでしょう?体温が低い事により病気のリスクが上がり、癌やその他の病気の入り口になると言われています。しかし実際に体温をあげる方法となると悩んでしまいますよね。

ここでは体温が低くなってしまう原因やその改善方法、また気を付けるべき食べ物などをご紹介します♪

スポンサーリンク

1. 筋肉量を増やす

運動不足になることにより、血液を送る筋力が低下して体温が低い原因となります。筋肉は発熱機関であるので筋肉を使うことで体温が上昇します。またふくらはぎは第二の心臓と言われ、ふくらはぎが動くことでポンプの作用になり血流が良くなります。

筋肉量が多くなると基礎代謝が高くなり体温も高くなります。病気に対する体力も付きますし何より太りにくい体にも繋がりますよ(^^)

それと老化は足から〜とも言われますので、下半身から鍛えるのが良いかと思います。いつもより早足でウォーキングするとかストレッチやスクワットなども良いでしょう♪出来るところからチャレンジしてみて下さいね。

2. 砂糖や精製穀類などの食品をやめる

甘い食べ物は身体を冷やすと言われ体温が低い原因となります。精製穀類も同様で体内で糖に変わり、体が酸化することにより血行が悪くなり冷えにつながってきます。つまり糖分の摂りすぎによりミネラルやビタミンが不足し食べ物からエネルギーや熱を作ることができず体温が上がらなくなります。

商品には必ず原材料名が書いてありますので、何が入っているのかチェックする習慣をつけたらいいと思いますよ! 驚くほどいろんな物に砂糖は入っています‼︎ 砂糖(人工甘味料も同様)や精製穀類の取り過ぎは糖尿病やその他の病気のリスクも考えられますので気をつけましょう。

ちなみに含有量が多い順に原材料名が書いてありますので参考にしてみて下さいね♪

3. 添加物や農薬などの化学物質を遠ざける

添加物、農薬、化学物質は抗生物質やクスリに近い作用があり、ホルモンを乱し体温が低くなる傾向があります。コンビニ食やジャンクフードばかり食べていれば病気になりやすいのは当たり前ですよね。

それから商品に”糖質0“とか“カロリーオフ”と書いてあるものには人工甘味料(これも添加物です)が入っている事があるので更に注意が必要です。清涼飲料水やスポーツ飲料、カクテルなどの甘い系アルコール類も気を付けましょう。

スポンサーリンク

4. 季節外れの野菜は要注意

野菜=ヘルシーと思っている人がいますが、これも要注意です。野菜には特に旬があり、東洋医学では体を冷やす野菜があると言います。にんじん、ごぼう、大根などの冬野菜や根菜類は体を温めます。ナス、ピーマン、トマト、ゴーヤなどの夏野菜は体を冷やすと教えます。

旬の野菜を旬の時に食するのは良いのですが、店頭には季節関係なく何でも並んでいますので特に寒い時季には夏野菜を摂りすぎないように気を付けましょう。

5. 質の良いタンパク質を食べる

タンパク質は体(細胞)を作るのに役立ちます。筋肉の元になるタンパク質が不足すると筋肉量が減少して体温が低い原因となります。

ただし、上述(3)にもありますように添加物の飼料で育てられた動物の肉や遺伝子組み換えや化学肥料で育てられた植物などは間接的に添加物を体内に摂りこむ事につながります。こちらも様々な病気につながりかねませんので、質を選んで食べる様にしましょう。

6. 冷たいものを摂りすぎない

特に暑い間は、冷たい物を飲み食いして体の中から冷えています。そして季節の変わり目に体調を崩す人も多くみられます。

なるべく体に優しい暖かい食べ物で内臓から冷さないように気を付けましょう。

ちなみに私は若い頃から秋になると抜け毛が増えるのが気になっていましたが、これも夏の間に冷たいものを飲み食いするのが原因!と聞いて、なるべく暖かいものを摂るようにしました。すると本当に抜け毛の量が少なくなりましたよ(笑)。

体が冷えることにより、細胞力が衰える〜と言う事が実感できました!

7. 冷暖房を使い過ぎない

近年の半端ない程の暑さではある程度必要かもしれませんが、冷暖房の使い過ぎは体の体温調節機能が鈍くなるため体温が低い原因となるようです。

特に熱中症などの病気も気になりますが、季節を感じられないほどの冷暖房は体を壊しますので要注意です。

まとめ

体温を上げるための7つの方法

  • 筋肉量を増やす
  • 砂糖や精製穀類などの食品をやめる
  • 添加物や農薬など化学物質を遠ざける
  • 季節外れの野菜は要注意
  • 質の良いタンパク質を食べる
  • 冷たいものを摂りすぎない
  • 冷暖房を使い過ぎない

生活習慣病とはよく言ったもので、やはり日頃の生活習慣を改善しない限り現状を良くすることは難しいのかもしれませんね!甘いものや冷たいものを常に飲み食いするせいか体温が低い子供さんも増えています。

冷えは万病の元!体温が低いとあらゆる病気につながりかねません。

これを食べてるから大丈夫!なんて考えだけでは自分の身体を守ることはできませんよ。質の良い食事を採るのはもちろん、日頃の生活の見直しとストレスフリーの日々を送れるように工夫していきましよう~(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする